結婚は人生において心身のバランスを崩す事があります

我慢しないで対策を

カウンセリング

具体的な症状や注意点について把握しよう

結婚を控えた男女に現れる症状の一つをマリッジブルーと呼んでいます。結婚は喜ばしいことではありますが、これが現実に近づくにつれて不安や焦り、後悔などを感じる症状のことを指しています。マリッジブルーは女性に多く見られると思う人も多いかもしれませんが、実は男性にもあらわれるものです。なぜ女性に症状が出やすいのかというと、女性の方が環境の変化に敏感であることがあげられるでしょう。また男性と比べた場合、結婚により生活が著しく変化するのは女性と言えます。だれにでも症状が現れる可能性があるため、冷静に受け止める必要があります。実際にどのような症状が現れるのかというと、結婚のことを考えた時に憂うつになることが挙げられます。うつのような症状があらわれ、特に結婚に反対する気持ちがないのにどうしても気持ちがふさぎ込んでしまうのです。女性は名字が変わる人も多く、生活スタイルも大きく変わる人が見られます。当然のことながら未知の世界に飛び込むことにもなるため、不安や憂うつを感じることは当たり前といえます。そのほかにも不安で夜も眠れなくなってしまったり、結婚することに後悔の気持が押し寄せる、パートナーのことが信用できないなどのことが挙げられます。

マリッジブルーやうつ症状において一番気をつけたいことは、一度立ち止まって本当に結婚したいのかどうかを考えることです。マリッジブルーになることには様々な原因があります。場合によってはマリッジブルーやうつ症状が深刻化してしまうこともあるため、こうなる前に結婚について今一度よく考える必要があります。それでもやはり結婚したいと考えるのであれば、結婚前に同棲してみたり、友人に気持ちを吐き出す、パートナーとよく話し合うなどのことが大切です。同棲をすることで疑似結婚のイメージを持つことができ、不安をぬぐえる可能性も出てくるでしょう。この場合1か月では短すぎるので、少なくても3カ月ほどは同棲をして試してみることが大切です。またできれば既婚者の友人に不安や焦りなどを吐き出すことで、気持ちを落ちつけられるかもしれません。既婚者の友人であれば、体験談などをもとに自分に当てはめることができるでしょう。よいアドバイスをもらえる可能性もあり、とことん話しを聞いてもらい自分の気持ちを吐き出すことにより、一気にマリッジブルーの症状が飛んでいく可能性も考えられます。

Copyright© 2020 結婚は人生において心身のバランスを崩す事があります All Rights Reserved.